FC2ブログ

CamperTips「カホン・兼・入れ箱」

作りましたカホン。

200522a.jpg
(こんなただの箱ですが、いちおー打楽器です)

英語でCAJONと書いてカホン。
たぶんケイジャン文化圏の楽器です。
たぶん。

200522b.jpg
(DIYキットだったので最初からカット済み)

メインは木工用ボンドで組み立てていきます。
もぐがジャマしてます。

200522c.jpg
(打面となる前面はドリルで木ネジも打ち込みます)

200522f.jpg
(打面の裏にはスナッピーを取り付けます)

これはスネアと同じ「響き弦」ってヤツですね。

オリジナルで小さなカバー部品を製作して、

200522g.jpg
(スナッピーを保護するように覆いました)

キットにはなかった部品を追加した
その理由は後ほど……

200522e.jpg
(流行りのオールドペイントで色も塗ります)

よく見ると床に点々が……。
もぐが片足をペイントにつっこんで、
隣の畳とこたつカバーまで汚しました。

200522d.jpg
(これもキットにはないL字金具なのですが)

200522h.jpg
(これで背面が開閉できるようになりました)

ふつうカホンは、
このサウンドホールのあいた背面も、
ガチっと接着するものなのですが、
軽キャンパー乗りがそんな無駄をするハズありません。

元々テキトーな音を楽しむカホンですから、
中には10万円以上する高級品もあるんですが、
用途に合わせて改造しちゃいました。

勘の良い皆さんはもうお分かりですね……。

200522i.jpg
(これがbeeの通路にピッタリなのです)

200522j.jpg
(そしてキャンプ時の収納に……)

昔Micaが製作したレインボーテーブル
小さい方にジャストサイズなので、
ベッドメイキングも問題なし。

これ持って、
キャンプ行って、
ギター弾いて、
歌って、
叩きたい。

リズム感が致命的なのですが!





CamperTips「ファンタスティク・ファン修理」

またbeeの修理レポートです。
納車から4年半。
ファンのコーキングが劣化してきました。

200520a.jpg
(太陽光で風化したのかバキバキです)

キャンピングカーに雨漏りは禁物だと、
どこかで読んだことがあったので、
早急にMysticさんで修理してもらおう!

とも思ったのですが、このご時世。
出かけることなく自分で修理してみました。
安上がりだし。

200520b.jpg
(まず先にマスキングしました)

200520c.jpg
(簡単にベリベリ剥がれていきます)

200520d.jpg
(マイナスドライバーでさらに念入りに)

剥がしてみてわかったのは、
硬いグレーのコーキングの下に、
柔らかい白のコーキングがしっかりしてありました。
お馴染みバスコークみたいなシリコンっぽいのが。

これなら雨漏りの心配はまったくありませんでしたね。
次の車検の時でも十分間に合ったと思います。

200520e.jpg
(それでも新しくコーキングし直しました)

200520f.jpg
(ちょっとぶ厚く塗りすぎたかな?)

200520g.jpg
(今回はちょっと硬めのコーキングにしました)

硬化コーキングとバスコークの
中間くらいの硬さに乾くヤツです。

200520h.jpg
(色はやっぱり白がbeeには良いですね)

うーん…。
時間があるからこんな事ばっかりしているな。

どうせなら遠征行きたい!!
昨年のGWは四国に行っていたというのに…。






CamperTips「フロントスピーカー交換」

もう本当につまらないネタばかりですみません。
スピーカーを交換しました。

200510a.jpg
(プレーヤーと同じCarrozzeria製です)

納車時にMysticのオプションではなく、
メーカーオプションっていうのかな?

ダイハツの純正でスピーカーを、
オプションで頼んだのでした。
そうしないとモノラルになっちゃうんですよ。
今どき!
軽トラなので!!

それが最近た〜まに、
ビビるようになってしまったので、
交換することにしました。

200510c.jpg
(取り外した後の見にくい写真ですが)

左がメーカー純正¥10,000。
表面を見たところダンボール製!?

右が新しいヤツで¥5,000。
ほぼ半額なのにツィーター付き!!

200510b.jpg
(カバーを外す時はドライバーでバキッと)

なんか車の部品って、
こーして無理やり外すってのが、
多いですね。

200510d.jpg
(接続はカプラーでカンタン)

作業時間30分以下で、
あっさり終了。
肝心の音の方は…



比較のためYouTubeに上げてみましたが、
あまり変わってないような…。

でもmicaは「まろやかになった」
と言ってました。

まー、実際は走行中のエンジン音の中で、
聴いてみないとわかりませんね。
特に高速道路でブォォォーンとなってる時に。
今はそんなこともかないませんが。

ちなみにテストプレイしたKISSは、
好きでもファンでも何でもないのですが、
(しつこいようですがPUNKなので!)
この映画は大好きなんですよ。

200510e.jpg
(バカ映画の中にマジが隠れていて最高!!)

あ、今ならアマゾンプライムで観れるみたい。







CamperTips「Switch」

この記事が当blog、
300番目のエントリーだそうです。

が、相変わらずの出掛けられない日々。
相変わらずBeeのDIYの記事となりますすが、
今回はちょっと大掛かりな改造になったかな。

171123b.jpg
(そもそもは以前取り付けたインバーター)

車の内外でコンセント(AC電源)を使えるようにする、
ウチにとってはもう不可欠な装備ですが、
難点はスイッチが座席下になってしまうこと。

Beeオーナーの方なら共感頂けると思いますが、
これが結構メンド臭いんですよね。

クッションをのせた扉を持ち上げて、
奥まで腕を伸ばしてSwitchパチッ。
大変とは言わないまでも、ああメンド。

かといって、この黒と黄色のボックスを、
車内の壁なんかに付けたくはない。

200425a.jpg
(そこで用意したのはコードと丸いスイッチ)

船っぽいインテリアにすることに、
しつこくこだわって2000円ちょっと。
スイッチとしてはちと高いかな?

Nintendo Switchはこのご時勢で、
高騰して3万円超えてるらしいけど。

200425b.jpg
(元のスイッチを半田で溶かして無理やり外して)

200425c.jpg
(スイッチからのコードをまた半田付け)

200425d.jpg
(埃防止にテープで塞いで、ウチにあった金具で固定)

バッテリーコードにこのスイッチをかませる方が、
作業としてはずっとラクだったんだけど、
コードを太っくしないと焼き切れそうなので、
やめにしました。
安全第一ですね。

200425e.jpg
(取り付ける壁にカッターで穴を開けます)

200425f.jpg
(ノコギリを使うまでもありませんでした)

200425g.jpg
(木ねじで取り付けて完成です)

200425h.jpg
(この前作ったレリーフの下に取り付けました)

これでON/OFFが少ししやすくなったかな。
旅にもキャンプにも行けないので、
しばらく試せないんだけどね。
トホホ……。





CamperTips「ファンの掃除」

出掛けられない日々が続いているので、
今回もBeeのつまらないTipsです。

200417a.jpg
(Beeのファンタスティック・ファン)

納車から4年。
だいぶ汚れてきたので、
micaが掃除したがってたんだけど、
これがなかなか外れません。

200417b.jpg
(こーゆーポッチが出っ張ってるんだけど)

ここを掴んでクルクル廻しても、
永遠に廻るばかりで外れない。

なんかの時にちょっと試しては、
あきらめてました。

200417c.jpg
(でもドライバーで無理やりこじあけると)

ガチッと外れました。

200417d.jpg
(よく見ると、こーゆー突起が噛んでいるだけ)

今回、Beeユーザーの皆さんに、
お伝えしたいTipsはこれだけ。
「無理やり外す」!!

たったコレだけのコトなんですが、
ネットを探しまくっても、
ファンタスティック・ファンの外し方って、
どこにも書いてなかったんですよ。


200417e.jpg
(あとは長年の汚れを拭いて)

200417f.jpg
(網戸をジャブジャブ洗うだけ)

どーかな?
ちょっとは綺麗になったかな?