Mini Pop Bee 購入記(1) 「選手交代」

今回は、初の新車購入(それまでは中古のみ)、
しかもこれまた
初めての軽キャンピングカー購入にあたって、
blogを立ち上げることにしました。

きっかけは昨年末の車検の際、
我が家の愛車(H2年式ハイゼット・デッキバン)
通称『へぼちゃん』が、
くるま屋さんから
選手外通告を受けてしまったからです。

葉山 : 長者ケ崎にて

本体価格は12万円だった中古車に、
Modest Cars(相模原)さんで、
オールペン&フロントフェイス交換。
その他もろもろで
占めて50万円弱をかけたという偏愛車。

敢えて「ツヤ消し」でペイントしてもらい、
良い感じで錆が出てくるのを期待して、
長年愛用してきたのですが、
その意に反して錆が進行し過ぎの錆び錆び!!

心配になってくるま屋さんに、
「車体がボキッと折れることはないですかね?」
と尋ねたら、笑われながら
「そんなことはないけど、
 近いうちに買い換えた方がいい」
と、三行半を突きつけられてしまいました。

その敗因は単純明快で、
我が家の趣味が「海」だからです。

住んでいる所も
神奈川県は相模湾のど真ん中あたり。

毎年GWには家庭内海開きをしてから
秋は10月いっぱいまで、

東は三浦半島の先端から、
西は伊豆半島の先っちょまで、

あちこちの海辺に出撃しては潜りまくります。

葉山 : 長者ケ崎にて

帰りには、潮に濡れたウェットやフィンを
そのまま荷台にぶち込むからこの有様。

可哀想にも「へぼちゃん」は
その寿命を縮めることと相成ったのです。

……とは言っても、
自家用車で25歳はけっこう長生きの方かも。






Mini Pop Bee 購入記(2)「決め手はルックスとギミック」

という訳で、
引退を余儀なく言い渡された『へぼちゃん』

mitome.jpg
(平成2年式ハイゼット・デッキバン @三留商店)

2015年のお正月休みは、
新しい車を検討することから始まりました。

「海での使い勝手なら、
 またデッキバンが良いんだけどな〜
ミニキャブでも良いし〜」
などと考えながら
つらつらとネットサーフィンをしていると、
『テントムシ』が目に止まりました。
「軽のキャンピングカーなんてあるのか……
 ルックスがこうじゃなければなぁ……」

その頃はまだ、
キャブコンとかバンコンなどという用語も知りませんでしたが、
どーもキャンピングカー的な外見が好きになれなかったのです。

 TENTMUSHI
(逗子のJIVA食堂に停まっていたテントムシと記念撮影。
オーナーさんには会えませんでしたが、
シックな色合いでキレイにされていました。)


自分の好みとしてはたぶん、ワーゲンのType2とかType3、
それも一般的に『Cal仕様』と呼ばれる
西海岸っぽいルックスになるんだろうけど、
それも「いかにも」って感じになっちゃうと照れがある。

それを微妙に避けた結果、
『へぼちゃん』のような中途半端な車に
落ち着いていたんだと思います。



そんな折りに見つけたこのYouTubeの動画!!



ほとんど一目惚れ状態で釘付けにされてしまったのが、
Mysticさんの『Mini Pop Bee』だったのです。

ルーパーウィンドウに、
羽目板調の壁!

おまけに屋根がPop-upして、
ベッドが出て来て、
ソファーが塡め込まれ……
という合体ロボさながらのギミック!!

今TVでヘビーローテしている
新型アルトのCM風に言わせれば、
「好きになるのに1秒もいらない」

一般的には『INDY』や『テントウムシ』の方が、
(FRPキャブコンって言うのかな?)
格好良いとされているようなので、
きっと僕の方が蓼喰う虫だということになるのでしょう。

でも、でもでも、
たとえMini Popがキャンピングカーじゃなかったとしても、
これに決めていたと思います!




Mini Pop Bee 購入記(3)「ジャパンキャンピングカーショー2015」


たとえそのルックスから決めたとしても、
いざ本当にキャンピングカーを買うとなれば、
その価格は、普通の軽自動車の倍以上に跳ね上がります

これがもし、ビル・ゲイツ氏なら、
大型キャンパーだって、トレーラーハウスだって
別荘だって、迷わず即買いなのでしょうが、
資金力の乏しいウチにとっては、大問題。

ウチがもし別荘を買うとなれば、
「海外旅行に100回行った方が良いよね」
というケチ臭い皮算用によって却下。
(しかも100回も海外になんて行けない)

軽キャンのMini Pop Beeならば、
総額は300万といったところですが、
どうせ生活に必要となるベース車代を控除すると、
シェル代の約200万円が贅沢税の対象になります。

これなら国内旅行と比較できるかも。

3〜4人家族の我が家が旅行する場合、
(本当は夫婦2人+8歳の娘+20歳の娘の4人ですが、
長女は友だち優先で、もう親についてこない)
皆で格安ホテルに素泊まりして2万円前後。
100回ほど車中泊すればチャラになる計算。

「でも国内旅行だって、100回も行かないか……」

そうこう考えているうちに、
熱が冷めていったのか、check入れていた
『ジャパンキャンピングカーショー2015』
に行くのをすっかり忘れてしまいました。

240x230.png

ですから今回は、エントリーのタイトルに反して、
キャンピングカーショーをすっぽかしたという話なのです。

忘れていたなんて、怒られてしまいそうですが、
Mini Popにもルックスから入ったクチなので、
他のキャンパーには興味もなかったのです。
(今は違います! 見るだけでテンション上がります!)

あ、あともうひとつ(もう一匹)忘れていました。
我が家の愛犬『もぐ』(4才♀)です

hana&mogu
(トイプー&シーズーのMix もちろん写真右)

こいつも旅行に連れて行くとなると、
ペットOKの小洒落たペンションを選ばざるを得ず、
家族全員分の宿泊費が跳ね上がることになります。

一方、置いて行けば行ったで、
Pet Hotelに前のりから後のり(って言わないか)まで、
旅行日数+2日間の預かり料がかかる。

すると80回くらいで元を取れる計算になる?
キャンピングカーショーには行き忘れましたが、
再びMini Pop Bee購入に向けて、皮算用が始まりました。


Mini Pop Bee 購入記(4)「本当に軽キャンパーは買い?」


「キャンピングカーはホテル何回分になるか?」
前回、開陳した皮算用は、
皆さんも一度はされたことがあるかと思います。

が、今回はそれに我が家特有の事情が加わります。
それは「死滅回遊魚採集」というマイナーな趣味です。

akebono.jpg
(アケボノチョウチョウウオ:三浦半島)

hatatate.jpg
(ハタタテダイ:伊豆半島)

写真のような、
いわゆるチョウチョウウオと呼ばれる熱帯魚は、
本来沖縄のような常夏の海にしか棲息しないのですが、
台風などで海が大荒れに荒れると、
その卵や幼魚たちが黒潮に乗ってやってきます。

夏の間は、神奈川や伊豆の海に居着いているのですが、
冬になると海水温が下がって「死滅」してしまう。
それを掬って(救って?)家で飼うという地味な趣味です。

Maintank.jpg
(ウチのメインタンク)

が! これがなかなか捕まらないんですよ。
すばしっこい上に小さくて!

例えば、朝の6時に出発して伊豆を目指すと、
下田に着くのが9時半か10時。
それから2時くらいまで泳いで、
激混みの135号を帰ると夜何時になるか分からない。
しかも一匹も採れなかったり
見つけることさえ出来なかったり。

こんな突貫日帰り旅行を何年も続けてきましたが、
さすがに毎回、「目ガシャキ」や「眠眠打破」、
「Black Black」のお世話になるのはツラい。
空手で帰るのはさらにツラい。

よって、年に数回はホテルを予約するのですが、
すると今度は雨が降っても、海が荒れても、
泊まるためだけに出掛けなくてはならなくなる。
(キャンセル料がもったいないから)

けど、キャンピングカーなら、
ピーカン狙って、行きたい時に行ける!
一度寝てから、夜中の空いた道を帰れる!
憧れの西伊豆や房総半島へも遠征できるかも!

これで、1匹でも多くのお魚を救う(掬う?)ことができます。
もっとも、彼らにとって、
狭い水槽に閉じ込められるのと、
冬に全滅してしまうのと、
どちらが幸せなのかは分かりませんが。

hatatate2.jpg

でも、上のハタタテダイは
こんなに大きくなりました。



Mini Pop Bee 購入記(5)「Mystic見学」


キャンピングカーは損か得か。
いろいろ我田引水して論じてきましたが、
どの言い分も結局は、
自分を納得させるための口実に過ぎません。

つまるところの結論は、
「欲しいから買う!」
この一言に尽きます。

ということで、山梨のMystic社へ。
へぼちゃん、ほぼ初めてのHighWayです。
最高速度80km。もちろん登坂車線に追い越され車線。

へぼちゃんがこんなに遠くまで来たのも初めてですが、
甲斐市の双葉展示場へは、
双葉スマートICって所で降りるのが近いらしい。
「なんだろうね? このスマートって…?」
高速バージンのへぼちゃんに、
ETCなんて洒落た物が付いてるはずもありません。

結局、次のICまで降りられなくなって、
だいぶ遠回りさせられましたが、
それでもなんとか、
約束の午前中に辿り着くことができました。

kamenrider.jpg

僕たちを迎えてくれたのは、
この『軽キャンパーfan』の表紙にもなっている
Mini Pop Bee 仮面ライダーバージョン。

新しい車の匂いって、だいたい苦手なんですが、
Mini Popの新車って、新築の家の匂いがするんですね。

って、ルックスから入ったクチなんで、
キャンパーの事もよく分からず、
気の利いた感想も言えません。

肝心の担当者さんとの相談でも、
僕「シェルの部分も100kgとかあるんですよね」
Mysticさん「300kgはあります(苦笑)」
…気の利かない質問しかできません。

皆さんお昼ご飯抜きとか、5〜6時間をかけて、
念入りな相談をされるようですが、
ウチがMysticに居たのは小1時間ほど。

「さて、お昼はどこで食べよっか?」
Mysticを後にしたのは、まだそんな時間でした。
が! 山梨と言えば信玄餅!! ききょう屋さん!!!
「ごはん食べるところもあるらしいよ」って、
ネットで調べて向かってみると、なんとその日は、
偶然にもたまたま年に一度の工場まつりの日でした。

shingen.jpg
袋詰め体験

kikyou.jpg
工場見学

shingenice.jpg
信玄餅ソフトクリーム(オススメ!)

信玄餅大好きのhanaは大喜び。
スタンプラリーも制覇して、
たっぷり5時半まで工場祭りを堪能してしまいました。

山梨まで来た本当の目的も忘れて。