Ocean Life 1 「利島のドルフィンスイム」

*ウチのミニポップはまだ仕上がっていません。
 ( 4月契約 - 9月納車の予定 )

ウチでは3年前から親戚一同で「強化合宿」なるものを始動。
伊豆七島を制覇し、小笠原諸島を目指すという企画を行っています。
何を「強化」するのかは、いまだに謎ですが。

そして今年は知る人も少ない2番目の島、
「利島(としま)」を目指します。

toshima.jpg

人口300人、周囲8kmの小さな小さな島。
なのですが「椿」の生産量は日本一イィィ!
さらに「勤労福祉会館」という寄合所にある、
ボーリング場の「小ささ」は世界一イィィィィ!

toshimabowl.jpg
(たった2レーンでもコンピューター制御!!)

さらにさらに、ミナミハンドウイルカというイルカが、
島の周囲に居着くようになったそうで、
観光客も近年増えているそうです。

もちろん我々の目的もイルカと一緒に泳ぐ事。
今回は「利島ダイビングサービスさん」と、
「かねに荘」さんにお世話になりました。

dolfinservice.jpg

これが「ドルフィンスイム」という優雅そうな
名前に反して結構ハード。
およそ1時間半のクルーズの間、
10回以上も海に飛び込み、
またすぐにピックアップの繰り返し。

babydolfin.jpg
(2週間前に生まれたという赤ちゃんも!)

toshimaumigame.jpg
(アオウミガメも見れました!!)

けど、イルカやウミガメが見れた感激で、
全力で泳ぎまくってしまうんですよね。

hananaも相当に感激したらしく、
ガンガン泳いだ挙げ句、
夏休みの宿題の絵にも描いてました。

hanaPainting.jpg







Ocean Life 2 「ハリセンボン提灯」


*ウチのミニポップはまだ仕上がっていません。
 ( 4月契約 - 9月納車の予定 )

hari1001.jpg
(怒って膨らんじゃうと、もう自由には泳げない)

この夏行った利島でハリセンボンを捕まえました。
ハリセンボンと言えば、子どもの頃、
お隣の家にあったフグ提灯にすっごい憧れてました。
のを思い出して、今回ウチでも挑戦!!

ってコトで、前回の「ちょうちん釣り」
に続いての提灯記事でございます。

hari1002.jpg
(オレンジの風船で膨らませてみました)

それでは、ネットで調べて(あまり載ってない)
&自分で編み出した『ハリセンボン提灯の作り方』です。

1.ハリセンボンをよく洗う
 粗塩でヌメリを取る
2.背中に切れ込みを入れる
 包丁ではカタイので頑丈なキッチン鋏で
3.背骨&内蔵を取る
 ウチは取り過ぎました。結構残しても良いかも。
4.背中を縫い合わせる
 切り過ぎたので、黒の絹糸で縫合
5.風船で膨らませる
 籾殻やオガクズでやる人もいるそーです
6.乾燥
 かなり臭くなるので1ヶ月干しました
7.ニスを塗る
 不思議な事に皮膚が透明に透けるようになります
8.装飾
 手芸屋で売っている目をつけました

hari1003.jpg

最後にダイソーのLEDキャンドルライトを内蔵すると、
中で蝋燭のようにチロチロと炎が揺れて、
ぼんやりと良い感じに光ります。

hari1004.jpg
(本当はもっとオレンジの暖かそうな色でチロチロします)






Ocean Life 「さよならへぼちゃん」


Mysticさんから連絡があり、
4/25に契約したMiniPopBeeの完成が、
9/9に決まりました。

ということで、へぼちゃん、
最後のドライブとなります。

行き先はもちろん海!!
海水浴がOff Seasonになったので、
われわれ採集家にとってはOn Season!!

目指すは昨年開拓したばかりの
秘密のビーチ、E浜。
この日、へぼちゃんは記念すべき
メーターを記録しました。

777.jpg
(ギリギリまで微調整して撮影)

平成2年式の中古車にしては、
少な過ぎる走行距離ですが、
冬は2ヶ月も給油しなかったりする
出不精な我が家です。
最後の山梨県、Mystic社遠征で、
この数字を迎えるものだと予想してました。

が、途中で道を間違えたせいもあり、
(昨年見つけたばかりの辿り着きにくい浜なので)
こんな何でもないところで
記念すべき瞬間を迎えることになりました。

7777.jpg
(畑の中に分譲された新興住宅地)

まぁ、最後までへぼちゃんらしいっちゃ、
らしいエピソード。
一週間後はいよいよMiniPop納車。
本当のお別れになります。

77777.jpg
(バイバイ!)





Ocean Life 「大漁!!」


150920a.jpg

--で、前回の続きですが、
へぼちゃんが「77,777km」を記録した後、
肝心のチョウチョウウオ採集の方は、
我が家「初!!」と言ってもいいほどの大漁でした。

150920b.jpg
ナミチョウチョウウオ

150920c.jpg
トゲチョウチョウウオ

150920d.jpg
フウライチョウチョウウオ

150920e.jpg
ナンヨウツバメウオ

中でも最後のナンヨウツバメウオは、
枯れ葉に擬態しているというなかなかのレア種で、
海で見るのも初めてならば、捕獲するのも初めて。
さすが77,777パワー!!




Ocean Life 「MiniPop初出陣!!」


前回の続き、
シルバーのハイゼットMiniPop先輩と遭遇した、
その後になります。

既述の通り、The Third Encounter…
第三種接近遭遇の感激でだいぶ話し込んでしまい、
伊東マリンタウンを出発したのは11時近くでした。
前のりで車中泊した意味がありません。

今回の旅は、勤め先の同僚の2家族+1カップルと、
今井浜オートキャンプ場で2泊する予定になっていたので、
ひたすら伊豆半島をMiniPopBee(愛称はまだない)で南下します。

この今井浜オートキャンプ場は、
前日に予約しても空いていたことがあったほどの穴場。
今回も一週間前に電話したのに、
シルバーウィーク中の3サイトを確保。
蚊はたくさん出ますが、他が予約でいっぱいだったりするような、
いざと言う時には頼りになるピンチヒッター的存在です。

150923a.jpg
(キャンパーでのキャンプはラク)

ここを拠点にして、
品揃え豊富(特に海産物)なスーパーAOKI河津店と、
町営の伊豆の踊り子温泉会館を利用すると便利です。

が、今回、有権者の皆さんに訴えたいのは、
伊豆半島も下田に入ると海がすっごく綺麗だということ。
ここまで遠征するためにキャンパーを買った、
と言っても過言ではありません。

150923b.jpg
(かつては御用邸だったという九十浜)

150923c.jpg
(今回初めて行った爪木崎)

150923d.jpg
(チョウチョウウオはあまり採れませんでした)