Fishing Report 1 「スピナベで初鯉」


*ウチのミニポップはまだ仕上がっていません。
 ( 4月契約 - 9月納車の予定 )

下手の横好きで、学生時代からずーっと続けているのが、
ルアー釣り、ブラックバス・フィッシング。
(キャンプも学生時代から続けているけど)

tucklbox.jpg
最近新調したタックルBOX(ルアーの箱)

長年続けていながらも、
こんなオモチャのような疑似餌を動かしたって、
「釣れるわきゃーない」と毎回思ってしまうほど、
なかなか釣れないのがブラックバス。
(単にヘタだからってのもあるけど)

しかし今回はさらにさらに、
ルアーでは釣れにくいコイをGetしたのでご報告。

carp2.jpg

場所は近年通い始めた茨城県の鬼怒川。
現場に到着するとすぐに、
「金色の魚がいる!」とmicaが騒ぐ。
写真で右から突き出している岬の先端です。

Kriver.jpg
鬼怒川の最下流、利根川との合流点あたりです

一瞬アマゾン系の魚かとも思ったが、
良く見てみると、どーやら錦鯉。
コイは雑食ではあっても、小魚を食べることはまずない。
イコール魚型のルアーでは釣れない。
そこで虫型のリトルスパイダーをチョイス。

micaがあれやこれやと、
小一時間ほどちょっかい出しても、口を使おうとしない。
ルアーを鼻先に落としても、後ろに落として横を通しても、
まったくダメ。無反応。

spinnerbait.jpg
スピナーベイトというルアー(通称スピナベ)

そこでふと思いつき「ちょうちん釣り」に挑戦しました。
ふつーにルアーを水中に泳がすのではなく、
岬の先端の草むらにバシッとスピナベをぶち当て、
ラインを葉っぱに絡ませた後、
スーッと緩ませ、水面をちょんっ、ちょんっ、、、

すると、バクーッ!!
micaが1時間粘っても無反応だったコイが、
急に水面から口を出し、ルアーをひったくりました。
コイは陸から降りて来た蛙やバッタを食べることがあるのです。

carp1.jpg
過去最大魚かも

なんのアクションもなくヌボーッと上がって来たコイは103cm。
目が赤かったので、錦鯉ではなく、アルビノでした。
リリースした後にふと思ったんだけど、
売ったら高値がついたかも。


Fishing Report2 「2015年夏の釣果」

今はそんなに行かなくなりましたが、
ブラックバス・フィッシング。
夏になると、郷愁に誘われるのか、
水面に呼ばれているような気がします。

hanariver.jpg
(特に霞水系のこんな夕暮れ)

今現在は神奈川在住なので富士五湖、
山上湖のクリアレイクの方が近いのですが、
やっぱり釣りをおぼえたマディ・ウォーター、
実家に近い牛久や霞の方が好みです。

季節は夏。
羽虫が水面を叩く早朝や夕暮れ。
時おりボイルやライズが起こる中を、
(バスが小魚を追いかけて水面が盛り上がること)
トップウォータープラグで攻める。
(水に潜らず、水面を泳がすルアー)
期待と緊張感で神経が研ぎ澄まされていくと、
バスが水面を割り、ルアーが水中に消える。
最高の瞬間です。

でも、朝まずめを攻めるには、
まだ暗いうちに車を出さなきゃならず、
夕まずめは、あっという間に陽が暮れてしまう。
どちらにせよ、僅かな時間の為に遠征するのは面倒。
しかも釣果ゼロだって珍しくないBass Fishing。

ここんところblogのテーマを忘れていましたが、
そんな時こそ、こんな時こそのキャンピングカーです。
キャンピングカーなら、往復の走行1回で
朝まずめ、夕まずめの2度おいしい!!

30cmbass.jpg
(30cmですがこの前のコイより良く引きました)

この日釣れたのもやっぱり1匹だけでしたが、
来年からはMiniPop効果で、
釣果も倍増することでしょう!!
(根拠のない期待)




Fishing Report 「ワカサギパターン撃沈」

 160329 a
(今日のフィールド)

うぅ〜釣れなかった〜。
遠かった〜。
ツラかった〜。
これだからBassFishingはやめられなくなるんです。

今回はこのビデオを参考にして、
ジャークベイトのワカサギパターンってのをやりに行きました。
アフタースポーンのワカサギを、
プリスポーンのBassが食べに来るってやつね。
(ややこしい+用語知らない人には意味不明)



そーしたらBass釣れない代わりに、
ワカサギがフックにかかってきたよ!

160329b.jpg
(こんなのワカサギパターンじゃなーい!!)

160329c.jpg
(けど1匹だけ焼いて食べました)

もー、まったく運から見はなされていると思ったら、
ファミレスの駐車場で偶然MidiPopに遭遇しました。
最初みどりさんかと思ったらナンバがー違う。

日本で10台しかないというMidiPopに、今月の間で2台お会いしました。
ラッキー!!

160329d.jpg
(見にくいですが、ウチの2台先です)

Fishing Report 「笛吹川で渓流釣り」


Mysticキャンプ大会&信玄餅祭りの翌日、
同じ山梨県の笛吹川で渓流釣りにチャレンジしました。

160418a.jpg
(この広瀬ダムの下流になります)

ダムカードをGetしてから、
餌のブドウ虫と入漁券(800円)を購入して挑戦です!!

160418b.jpg
(水は澄み、水量も豊富でかなり良さげの雰囲気の川)

なのに、なかなか釣れなーい!
魚は見えているのに、なかなか口を使わない!!

160418c.jpg
(どうにか釣れたのは小っこいヤマメ1匹だけ)

あまりにも渋いので、車で場所を移動。
バス釣り並みにラン・ガン繰り返すも釣れない。
hanaは車で寝ちゃうし、小雨もパラつく。

そうこうするうちに、帰る時間が近づき、
最後の場所にしようと立ち寄った下流で、大きな魚を発見!!

目を覚ましたhanaがちょっかいを出して、
口先に餌を落とすも無反応。
ラインやオモリが体に当たっても逃げない代わりに、
ブドウ虫をぽいぽい蒔いても振り向きもしない。

あーだこーだ悪戦苦闘して、
30分ぐらいかけてようやくGetした魚は、

160418d.jpg
(41cmの巨大ニジマス!!)

hanaはテンションMAXで大喜び!!
コンビニで氷を買って持って帰りました。

 160408 e
(フライパンに入りきらずに曲がっちゃう)

翌日にんにく&バター焼きにすると、
「おいしい、おいしい」と
hanaがバクバク食べました。




Fishing Report 「大磯港でサビキ釣り」

ちょーっと時期が早いかなーって感じだけど、
イワシの群れが入ってきているらしいので、
地元大磯港にサビキ釣りに行ってきました。

160429a.jpg
(釣れ方はこのくらいポツポツ)

サビキというのは、説明するまでもないでしょうが、
エサもつけてないハリが、たーくさん連なった仕掛け。

160429b.jpg
(特に今回のサビキは小ーっこい!!)

写真では見えにくいかもしれませんが、
ハリについたバケがキラキラして魚が食いつきます。

これが、当たった時は大爆発なのですが、
今日は、港の中に群れが入ってくるとポツポツ。
10〜15分待ってるとまたポツポツ。

絶妙に間が空くので止めるに止められず、

160429c.jpg
(hanaは暗くなるまで粘りました)

釣れるのは小アジ、小イワシ、小カマス、小サバ…
の「小シリーズ」

160429e.jpg
(全部で46匹)

イワシは、もう少し大きいとmicaがさばいて、
オリーブオイルでサーディンにするのですが、
今回はまだまだちっちゃいので素揚げに。

160429f.jpg
(またまたhanaが喜んでパクパク食べました)