Camper Tips 「シャワーと風見鶏」


MiniPopが納車されて、一番最初に取りかかったのは、
シャワーヘッドホルダーの取り付けです。
海から上がった後に塩を流す目的で、
ギャレーのカランをホース仕様に変えてもらっていたのですが、
ホルダーは「後でお好きな所に付けてください」と、
納車時、別に手渡ししてもらっていました。

150919a.jpg
(ヘッドを廻すとシャワーは細くなったり太くなったりします)

150919b.jpg
(ギャレー内のホース。伸ばす際は少し手間取ります)

このホースを後部ドアから外に伸ばして、
室内に飛沫が入らないようにするには、
Mysticさんに頂いたホルダーをどこに取り付けたら良いか?

おのずとキャビン右サイド後部に決まりました。
この出っ張りが車検に通るかどうかは分かりませんが、
ちゃんと取り外せるようになっています。

150919c.jpg
(写真で取り付け位置と、取り外した様子がわかるでしょーか)

で、取り付けながらホルダーの両脇に突き出している
この2つの突起を見て思い付いたのが、
「ここにウィンドスピナーの支柱(写真の黒い棒)を挿せるかも!」

MiniPopが納車される前に調子に乗って(待ちきれずに)、
おしゃれキャンパーさんたちがよく飾っている
ウィンドスピナーを2つ購入していたのです。

150919d.jpg
(ニモとお花とよく見るとシャワーヘッドも)

一石二鳥ならぬ二風見鶏ですね。



Camper Tips 「OUTATIME」

遅筆blogにつき、ひと月以上前(9/12)の、
MiniPopBee納車の記事もupできてませんが、
今日upしないと意味がないネタなので順番をかえて…

151021b.jpg

ナンバー移動キットで空き地になった跡地に、
レプリカのUSナンバーを取り付けようと日曜日に注文しました。

151021e.jpg

ところが、元から空いていた日本車用ナンバー用の穴とは、
USプレートの穴の位置が合いません!

ふつーは、プレートの方に新たな穴をあけるのでしょうが、
すると見た目がかっちょ悪くなるので、
思い切って車体の方に電動ドリルをあてました。
今日中に取り付けるために、仕事から帰宅した夜に。

151021d.jpg
上2つが新たにあけた穴です

暗い中30分ほどかけて、どうにか2015年10月21日。
マーティーが1985年からタイムスリップした30年後、
BTTF-DAYに間に合わせることが出来ました。

151021c.png

151021a.jpg
暗かったおかげで、逆にデロリアンっぽく撮れたかも。

Camper Tips 「あおりサイドテーブル」


軽トラキャンパーの利点のひとつがこのテーブル。
こーゆー合体ロボのようなギミックには心ひかれます。

151030a.jpg
(発案したMysticさんは素晴らしい!)

が、オプションで注文するとこれがけっこー高い。
ので、自作されている方も多いようです。
Mysticさんにも契約時に、
「ご自分で簡単に作れますよ」
と心広い言葉をかけて頂き、
予算に乏しいウチも早速マネすることにしました。

が、いくつかの失敗も……。

[失敗その1]
金具の取り付け位置のせいで、あおりの開閉時に干渉してしまう。
Mysticさんの取り付け位置を参考にしましょう。

151030b.jpg
(前の金具がこすれて、塗装が少し剥げてしまいました)


[失敗その2]
写真の天板(パンチ穴複合版というらしい)を見つけたのは良かったけど、
これを見本同様にあおりの幅に合わせて切った後に気付きました。

151030c.jpg
(こーするより)

151030d.jpg
(こーした方が使い勝手が良さそう)

要は車体とあおりの間に隙間ができるかどうか
だけの話なんですが、
このために天板を固定するのをやめました。

151030e.jpg
(すると今度は収納時に隙間が2cmほど余るのがもったいない)

このパンチ穴の開いている「複合版」という材料は、
アルミで(おそらく)プラッスチック樹脂を(おそらく)挟んだような素材です。

ウチの近くのホームセンター2箇所で売っていたくらいなので、
けっこーメジャーな入手しやすい建材だと思うのですが、
アルミを使っているだけあって、切断するのに苦労します。

なので、しばらくこのまま使ってみて、
気が向いたら、あと2cm幅の広い天板に改良しようと思います。



Camper Tips 「キャンプ用ローテーブル」


MiniPopBeeは軽キャンパーの中でも、
かなり荷物の収容能力が高い方だと思うのですが、
それでもキャンプテーブルで苦労されている方は多いと思います。

ウチの場合、このコールマンの兼卓球台テーブル。

151107a.jpg
(2003/Sep/8@ウェルキャンプ西丹沢)

長年愛用し、子どもたちもお気に入りのテーブルなのですが、
畳んでも2つ折りにしかなりません。
これではどう足掻いても、
MiniPop の座席下収納には収まらず、
ダイネットに載せれば、邪魔だし、倒れたら危険です。

ので、これを機にMiniPopBeeの仕様に合わせて、
テーブルを自作することにしました。
参考にしたのは、
(面識はないのですが)MiniPopBeeの先輩にあたる、
ゴン4さんという方のこのblogのページです。

この目から鱗の素晴らしいアイディアを、
勝手に盗用させていただいて、
こんなローテーブルを作ってみました。

151107b.jpg
(今回はMikaが製作したので寸法ばっちりです)

151107c.jpg
(足も畳めます。ズサンな僕がやるとこうはいかない)

151107d.jpg
(通路の間に積めば収納スペースをとりません)

151107e.jpg
(クッションを載せれば、ゴン4さんと同じちゃぶ台の出来上がり)

これで、かなりの場所を取るキャンプテーブルの、
収納問題も解決。
さらに、遠出の際はダイネットベットで出掛けることの多い、
後部座席はhanaのお座敷も出来上がりました。

なにやらオシャレさんたちの間で主流になっている
Lowキャンプにテーブルだけは近づきましたが、
今持っているキャンプチェアの方は
高いままなのが、残された課題です。


Camper Tips 「大賞受賞!!」


先日micaが製作した「MiniPop用ローテーブル」が、
材料を買ったホームセンターのコンテストで、
みごと大賞を受賞しました!

151228a.jpg
(木材売り場にしっかり実名で発表されてる)

って、そもそも何の話かというと、
このアイディアを思い付いて、材料を買いに行った際、
写真の「uroco」という新商品のキャンペーンとして、
(単に木材に色を塗っただけの物なのですが)
DIYコンテストを開催していたのでした。

151228b.jpg
(賞品は低反発マットレス)

最初は普通に木目調のBlue Ridge風テーブル
作ろうと考えていたのですが、
色もPopだし、コンテストもやってるし、
「ちょうど良いや」ということで、
その場で設計をし直しました。

151228c.jpg
(戦利品を持って、ご満悦のhana)

ウチで使っているマットレスよりも高級品だし、
MiniPop車内で使うことも考えましたが、
旅行に持って行くにはデカすぎる!!
ので、
おばあちゃんにあげることにしました。