CampingRecipe「焼きリンゴ」

新しくblogカテゴリーをひとつ増やしてもらって、
キャンプで作ったお料理のレシピを紹介することにしました。

なみのこ村での焚き火キャンプの際、
hanaがいちばん作りたがっていたのが、
この「焼きリンゴ」です。

161208e.jpg

[材料]
・りんご(紅玉がオススメ)
・砂糖(適量)
・シナモン(適量)

161208a.jpg

1.りんごの上部をフタのように切り落とし、
 芯を小さなスプーンでくり抜きます。

2.芯のあいた穴に砂糖とシナモンを適量詰め、
 先ほど切り落としたフタを戻します。

161208b.jpg

3.アルミホイルで包んで火にくべます。

161208c.jpg

4.数分で甘い匂いが漂い始めるので、
 時々ホイルを開いて見てみます。
 中身がトロンとしてきたら出来上がり。

161208d.jpg

5.ナイフで放射状に開くと、
 食べやすくなります。

酸っぱい紅玉が焼くのにはオススメ。
冬しか売ってませんから、
寒い日の焚き火キャンプにぴったりだと思います。micax






CampingRecipe「棒パン」

外はパリパリ内はふわふわの、ほんのり甘いパンが
とっても簡単に焼けます。これ、美味しいです。

161212f.jpg
[材料] 3本分
・強力粉 100g
・薄力粉 100g
・ドライイースト 小さじ1弱
・砂糖 大さじ3
・塩 小さじ1/3
・バター 30g(常温にする)
・水 80〜110cc
161212a.jpg
1. 棒パンを焼き始める予定の40〜50分前、
丈夫なビニール袋に水以外の材料をすべて入れます。

2. 分量の水を1割くらい残して加え、ビニール袋の外から揉みます。
様子をみて、硬いようなら残りの水を少しづつ足して調節します。
(国産強力粉使用の場合、水は少なめです) 
161212b.jpg
3. 耳たぶくらいのやわらかさになるまで、かなりよく揉みます。
冬は、ふところに袋を入れて抱き、体温で温めて発酵させます。
夏は、暖かいところに放置で大丈夫です。
161212c.jpg
4. 発酵して2倍くらいの大きさに膨らんだら3等分して、
ヘビのように細長く伸ばし、棒にくるくると巻いていきます。
161212d.jpg
5. 炭がいい感じになっているところで回しながら炙ります。
中心まで火が通り、全体がキツネ色のいい焦げ目がついたら出来上がり。
161212e.jpg
パン生地をふところで発酵させながら、
ハンモックでお昼寝しましょう!
いいでしょう?   micax

CampingRecipe「きりたんぽ(鍋)」

冬キャンプは鍋料理がいいでしょ。
鍋料理にお餅を入れて…と考えていたら、
『きりたんぽ鍋』はどお?とmorixからリクエスト。
ちょうど、棒パンの棒を買ったし、
きりたんぽも作って、炭火で焼いてみよう!
となりました。
レシピってほどのものはないのですが、
まわりがカリッと美味しく焼けるポイントは
濃いめの塩水ですよー。
161217f.jpg
[材料] 3〜4本分
・炊いたごはん 茶碗3杯分くらい
・片栗粉 大さじ2
・濃いめの塩水
・棒

161217a.jpg
ごはんに片栗粉をまぶして、
ある程度つぶします。
161217b.jpg
手に濃いめの塩水をつけて、
棒にごはんをつけます。
161217c.jpg
遠火で、焼きます。
最初は手で持って炙り、周りが乾燥して
くっつかなくなったら、
網の上に置くとよいです。
161217d.jpg
161217e.jpg
ちなみに、きりたんぽ鍋の具材は、
鶏モモ、ごぼう、まいたけ、にんじん、せり、
油揚げ、しらたき、長ねぎ、鶏ガラスープなど。
にしました。







CampingRecipe「オマール海老のリゾット▶︎ビスク」

「ちりとてちんの旅」の前、
清水公園キャンプで作った、
『オマール海老のリゾット』と
『オマール海老のビスク』のレシピです。
が、レシピだなんて…立派なものじゃありません。
かなり行き当たりばったりで作りましたから。

まず、キャンプの前夜20:00に
生きた1kgのオマール海老が届きました!!!!
が、届くまでは1キロサイズのオマールってものが、
手持ちの鍋に入るのかどうかさえわかりませんでした。
170324a.jpg
みんなで記念撮影したり、
ハサミにお箸持たせて『指揮者だ!』とか言って…
楽しんだあと

なんとか鍋に収まりました。
塩少々のお湯で茹で上げ、
170324b.jpg
茹で汁に、ブイヤベースぺースト、
玉ねぎ、しいたけを入れ
オマール海老は身を取り出し、
殻だけを戻して煮込みました。

170324d.jpg
殻を取り出し、ご飯を入れて塩コショウ。
人数分に切り分けた身を鍋に戻し、パセリと
粉チーズを散らして出来上がり!

170324e.jpg
シンプルだけど濃厚で力強い味〜。
巨大オマール海老の力は偉大です。





さて、せっかくの高額食材ですから、
これで終わりにはなりません。
翌朝の『ビスク』のために下準備です。

オマール海老の殻と水を鍋に入れて
焚き火の上に、ずーっと置いておきました。
170324f.jpg
スープを濾して、おうちで作ってきたニンジンと
玉ねぎとセロリとジャガイモのピューレ、
白ワイン、コンソメの素、トマト缶を入れて塩コショウで煮込みました。
170324g.jpg
最後に生クリーム入れて、パセリを散らして出来上がり。
出来上がりの写真は撮り忘れー。

さすがオマール海老!こんな適当な感じでも
かなり楽しい&美味しいお料理になりました。
目指したのは、もちろんsoup stockの味だったのですが…
まあ、こんなもんでしょ!がんばりました。








CampingRecipe「Ziploc®蒸しパン」

洗い物を出さずに、
蒸しパンを作ろう!ってレシピです。
ホットケーキミックス1袋(150g入)使用の分量です。
170409a.jpg
ビニール袋に、
卵2個を割り入れて、よくモミモミ。
砂糖20gを入れて、またモミモミ。
170409b.jpg
牛乳100ml(加減してください)を入れて、よくモミモミ。
170409c.jpg
ホットケーキミックス1袋入れて
軽くモミモミ。
170409d.jpg
お好みでラムレーズンやシナモンなどなどを
混ぜてちょっとモミモミ。
170409e.jpg
ビニール袋の底の角を切り取って、
絞り出し袋の要領で
写真のように
ジプロック2枚に分けて入れます。
生地は底の方に寄せておきます。

大きいジプロックで作る場合は、
ビニール袋を使わずに
最初からジプロックの中で材料を
モミモミしちゃえば、もっと手間いらずでしょう。
170409f.jpg
沸騰した鍋に、写真のように浮かせて
フタして20分くらい?ぐつぐつ茹でます。
全体が膨らんで、中心までふかふかになったら
切り分けて、バターやメイプルシロップを
掛けてできあがりー。

170409g.jpg

…この鍋で同時に、ジャガイモやブロッコリー、
ソーセージ、ゆで卵、鶏ハムなんかも茹でちゃえば
おかずまでいっぺんに出来ちゃうじゃん!って
あとから気づきました。
今度、やってみよう。
モミモミ。