Mini Pop Bee 購入記(1) 「選手交代」

今回は、初の新車購入(それまでは中古のみ)、
しかもこれまた
初めての軽キャンピングカー購入にあたって、
blogを立ち上げることにしました。

きっかけは昨年末の車検の際、
我が家の愛車(H2年式ハイゼット・デッキバン)
通称『へぼちゃん』が、
くるま屋さんから
選手外通告を受けてしまったからです。

葉山 : 長者ケ崎にて

本体価格は12万円だった中古車に、
Modest Cars(相模原)さんで、
オールペン&フロントフェイス交換。
その他もろもろで
占めて50万円弱をかけたという偏愛車。

敢えて「ツヤ消し」でペイントしてもらい、
良い感じで錆が出てくるのを期待して、
長年愛用してきたのですが、
その意に反して錆が進行し過ぎの錆び錆び!!

心配になってくるま屋さんに、
「車体がボキッと折れることはないですかね?」
と尋ねたら、笑われながら
「そんなことはないけど、
 近いうちに買い換えた方がいい」
と、三行半を突きつけられてしまいました。

その敗因は単純明快で、
我が家の趣味が「海」だからです。

住んでいる所も
神奈川県は相模湾のど真ん中あたり。

毎年GWには家庭内海開きをしてから
秋は10月いっぱいまで、

東は三浦半島の先端から、
西は伊豆半島の先っちょまで、

あちこちの海辺に出撃しては潜りまくります。

葉山 : 長者ケ崎にて

帰りには、潮に濡れたウェットやフィンを
そのまま荷台にぶち込むからこの有様。

可哀想にも「へぼちゃん」は
その寿命を縮めることと相成ったのです。

……とは言っても、
自家用車で25歳はけっこう長生きの方かも。


Mini Pop Bee 購入記(2)「決め手はルックスとギミック」

という訳で、
引退を余儀なく言い渡された『へぼちゃん』

mitome.jpg
(平成2年式ハイゼット・デッキバン @三留商店)

2015年のお正月休みは、
新しい車を検討することから始まりました。

「海での使い勝手なら、
 またデッキバンが良いんだけどな〜
ミニキャブでも良いし〜」
などと考えながら
つらつらとネットサーフィンをしていると、
『テントムシ』が目に止まりました。
「軽のキャンピングカーなんてあるのか……
 ルックスがこうじゃなければなぁ……」

その頃はまだ、
キャブコンとかバンコンなどという用語も知りませんでしたが、
どーもキャンピングカー的な外見が好きになれなかったのです。

 TENTMUSHI
(逗子のJIVA食堂に停まっていたテントムシと記念撮影。
オーナーさんには会えませんでしたが、
シックな色合いでキレイにされていました。)


自分の好みとしてはたぶん、ワーゲンのType2とかType3、
それも一般的に『Cal仕様』と呼ばれる
西海岸っぽいルックスになるんだろうけど、
それも「いかにも」って感じになっちゃうと照れがある。

それを微妙に避けた結果、
『へぼちゃん』のような中途半端な車に
落ち着いていたんだと思います。



そんな折りに見つけたこのYouTubeの動画!!



ほとんど一目惚れ状態で釘付けにされてしまったのが、
Mysticさんの『Mini Pop Bee』だったのです。

ルーパーウィンドウに、
羽目板調の壁!

おまけに屋根がPop-upして、
ベッドが出て来て、
ソファーが塡め込まれ……
という合体ロボさながらのギミック!!

今TVでヘビーローテしている
新型アルトのCM風に言わせれば、
「好きになるのに1秒もいらない」

一般的には『INDY』や『テントウムシ』の方が、
(FRPキャブコンって言うのかな?)
格好良いとされているようなので、
きっと僕の方が蓼喰う虫だということになるのでしょう。

でも、でもでも、
たとえMini Popがキャンピングカーじゃなかったとしても、
これに決めていたと思います!