Mini Pop Bee 購入記(5)「Mystic見学」


キャンピングカーは損か得か。
いろいろ我田引水して論じてきましたが、
どの言い分も結局は、
自分を納得させるための口実に過ぎません。

つまるところの結論は、
「欲しいから買う!」
この一言に尽きます。

ということで、山梨のMystic社へ。
へぼちゃん、ほぼ初めてのHighWayです。
最高速度80km。もちろん登坂車線に追い越され車線。

へぼちゃんがこんなに遠くまで来たのも初めてですが、
甲斐市の双葉展示場へは、
双葉スマートICって所で降りるのが近いらしい。
「なんだろうね? このスマートって…?」
高速バージンのへぼちゃんに、
ETCなんて洒落た物が付いてるはずもありません。

結局、次のICまで降りられなくなって、
だいぶ遠回りさせられましたが、
それでもなんとか、
約束の午前中に辿り着くことができました。

kamenrider.jpg

僕たちを迎えてくれたのは、
この『軽キャンパーfan』の表紙にもなっている
Mini Pop Bee 仮面ライダーバージョン。

新しい車の匂いって、だいたい苦手なんですが、
Mini Popの新車って、新築の家の匂いがするんですね。

って、ルックスから入ったクチなんで、
キャンパーの事もよく分からず、
気の利いた感想も言えません。

肝心の担当者さんとの相談でも、
僕「シェルの部分も100kgとかあるんですよね」
Mysticさん「300kgはあります(苦笑)」
…気の利かない質問しかできません。

皆さんお昼ご飯抜きとか、5〜6時間をかけて、
念入りな相談をされるようですが、
ウチがMysticに居たのは小1時間ほど。

「さて、お昼はどこで食べよっか?」
Mysticを後にしたのは、まだそんな時間でした。
が! 山梨と言えば信玄餅!! ききょう屋さん!!!
「ごはん食べるところもあるらしいよ」って、
ネットで調べて向かってみると、なんとその日は、
偶然にもたまたま年に一度の工場まつりの日でした。

shingen.jpg
袋詰め体験

kikyou.jpg
工場見学

shingenice.jpg
信玄餅ソフトクリーム(オススメ!)

信玄餅大好きのhanaは大喜び。
スタンプラリーも制覇して、
たっぷり5時半まで工場祭りを堪能してしまいました。

山梨まで来た本当の目的も忘れて。




Mini Pop Bee 購入記(6)「契約」


4/11に山梨のMysticさんへ赴いた際、
仮の見積書を出して貰った2週間後の
『神奈川キャンピングカーフェア』へ、
招待していただきました。

近場でそんなイベントがあるのを知っていたら、
わざわざ山梨まで遠征しなかったのに。

…と言いたいところですが、
その効果は絶大だったようで。
山梨から帰って来たその日の夜、
(僕は運転に疲れて先に寝てたのですが)
大学から遅く帰って来た上の娘が、
「ママにキャンピングカーの話20分もされちゃったぁ。
 すぐに終わると思って荷物も置かないで、
 立ったまま聞いていたら、20分間も!!」
と、文句を言っていたので、
これはSwitchOn!の合図。

神奈川
(@川崎競馬場)

ハンコと僅かな前金を用意して、
2日間開催の初日、それも朝イチから
ショーの行われる川崎へと出掛けました。

ら、またまた早くも午前中には契約終了。
これは決して僕が「注文の少ない良客」という訳ではなく、
単に不勉強なだけの話。

それを裏付けるかのように、
あまった時間で、
他のキャンピングカーを見て廻ったら、
未知なる衝撃の嵐に襲われてしまいました。

キャリー
(この日はMini Pop BeeのキャリーVer.が来ていました)

ホテルのように豪華な高級トレーラーはもちろんのこと、
各車に施されたギミック、工夫、アイディアの数々!!
キャンピングカーの世界が、
こんなに広く、深かったなんて知りませんでした。

内部
(Mini Popの車内にも数々のアイディアが)

hanaも「ぜんぶ乗ってみたい」と言って、
テンション上がりまくりです。
靴を脱いでたくさん上がらせて頂きました。
(営業して貰っても、買ったばかりだなんて言えなかった…)

DeckCruiser02.jpg
(デッキバンもキャンパーに改造されていました)

おそらくキャンピングカーって、
その実費以上に、ビルダーさんのアイディアや工夫、
創意や情熱などにもお金を払っているんですね。

とは言ってもキャブコンは、
どうしても似てきてしまうようですが、
ぐるりと廻って、Mysticブースに戻って来ると、
その中でMini Pop Beeだけは異彩を放っている!

「これに決めて良かった」と再確認しました。