Camping Tips 1 「ウォーター・ジャグの蛇口交換」


*ウチのミニポップはまだ仕上がっていません。
 ( 4月契約 - 9月納車の予定 )
 なので、今回はキャンプの準備の話。

わざわざ外に出掛けて行って、
わざわざ不便な思いをするのがキャンプの醍醐味です。

が、そうなったら、そうなったで、少しでも便利にして、
楽をしたいと思うのもまた人の心。

そういう訳で、キャンピングカーには、
狭い空間を有効活用するための、
様々な工夫が詰め込まれています。

また、それはキャンピング・グッズもしかり。
独創的なアイディアや合体ロボのようなギミック。
何回キャンプに行っても、テントを組み立てる時には、
その仕組みにワクワクさせられます。

そんな中、今回はド定番中のド定番。
ウォーター・ジャグの蛇口交換に挑戦しました。

ネットを見ると、本当はigrooの蛇口が使いにくく、
焼酎用のコックに交換するのが定番らしいのですが、
ウチにはこの謎のメーカーの謎のジャグが、
長年、鎮座ましましてました。

jaga
元の蛇口を外す過程は撮り忘れました

こいつはigrooのように蛇口が押しにくくて、
使いづらいというレベルではなく、
蛇口の根元から麦茶がぽたぽた漏れて来てしまう!! 
というジャグとしては致命的な欠点有り。

しかしMini Popの購入をきっかけに、
少しでもキャンプもおしゃれにしたいなー、ということで、
この「Lido Jug復活計画」に着手することにしました。

早速、これもまた定番のこちらのメーカーから、
「焼酎カランB(メッキなし」というものを購入。
Iglooと違って、当然のように取り付け口の径が合わず、
また当然のように、長さも足りない。

jagb
サイズは合わないけど、looks的にはこれだと思った

金属ヤスリで無理矢理ガリガリ削って、
バスコークをぐりぐり塗って、
強引に完成へと漕ぎ着けました。

うーん、早く自家製レモネード入れて、
Mini Pop Beeのあおりサイドテーブルの上に置きたい!

jagc
焼酎用なので水流はチョロチョロ