Bee Trip 「房総半島遠征」


MiniPopBeeの2回目の出陣は、
「行き当たりばったりの房総半島3泊4日の旅」
往路はアクアラインで千葉に渡り、
復路は東京湾フェリーで神奈川に戻ってくる。
とだけ決めて出発しました。

行った事のない「うみほたる」でのいきなりの車中泊と、
近くで就航していながら未経験のフェリーに乗ることが目的の、
どこに行くかよりも交通手段そのものが主眼の本末転倒旅。

その旅の内容は、文よりも写真によるダイジェストで、
お伝えしようと思います。

151009b.jpg
(海上で目覚める海ほたるの朝)

151009c.jpg
(チーバ君に無視されてる富津岬)

151009d.jpg
(あなどってた分、この旅一番のHitだった東京湾観音)

151009e.jpg
(鼻の穴。作った人はガウディ並のセンスだったに違いない)

151009a.jpg
(親は30数年ぶりとなるマザー牧場。こぶたレースでhana一等賞)

151009a.png
(道の駅ちくら潮風王国は名前の通り、すごい強風)

151009a.png
(道の駅和田浦WAOではお祭りをやってました)

151009a.jpg
(帰りのフェリー。かっぱえぴせんでカモメに餌付け)



Ocean Life「熱愛発覚」


3泊4日の房総旅行から帰って来ると、
ウチのメインタンクに異変が!!

151010b.jpg
(φ30×高さ85cmの円筒型水槽です)

飼って数年のニモ2匹が、一緒にイソギンチャクに入ってました。
これはペアリングが成就したという合図。
10年近くアクアリウムやってきて、初めての出来事です。

これまでは大きい方のメスが、
ハタゴイソギンチャクを独占して、
小さい方のオスを、
追い出していたのですが、
旅行から帰ってくると下の写真の通り。

151010a.jpg
(hanaが大喜びでiPadで撮影、落書きした画像)

これで憧れの産卵&繁殖ができるかも!?
変化があったらまた報告します。


Camper Tips 「OUTATIME」

遅筆blogにつき、ひと月以上前(9/12)の、
MiniPopBee納車の記事もupできてませんが、
今日upしないと意味がないネタなので順番をかえて…

151021b.jpg

ナンバー移動キットで空き地になった跡地に、
レプリカのUSナンバーを取り付けようと日曜日に注文しました。

151021e.jpg

ところが、元から空いていた日本車用ナンバー用の穴とは、
USプレートの穴の位置が合いません!

ふつーは、プレートの方に新たな穴をあけるのでしょうが、
すると見た目がかっちょ悪くなるので、
思い切って車体の方に電動ドリルをあてました。
今日中に取り付けるために、仕事から帰宅した夜に。

151021d.jpg
上2つが新たにあけた穴です

暗い中30分ほどかけて、どうにか2015年10月21日。
マーティーが1985年からタイムスリップした30年後、
BTTF-DAYに間に合わせることが出来ました。

151021c.png

151021a.jpg
暗かったおかげで、逆にデロリアンっぽく撮れたかも。

Bee Trip 「ミニポップvsデロリアン」


前回書いたように『OUTATIME』プレートを取り付けた、
10/21はBack To The Future Dayの週末、
Mysticさんから招待ハガキを頂いていた、
『お台場キャンピングカーフェア』へ赴きました。
前ノリは『大江戸温泉物語』で車中泊です。

151024a.jpg
(25thAnniversaryVer.のココレアと赤いハイゼットBee)

151024b.jpg
(かなり良い雰囲気のココレアの内装)

151024c.jpg
(hanaはいっつもこればっかり)

そして今回、珍しく都会方面へ出掛けたもう一つの目的は、
このBTTFウィークエンドに展示されるタイムマシンたち。
同じくお台場の『暁埠頭公園』でもう一泊して、
デロリアンが展示されている2箇所に向かいました。

151024d.jpg
(ビーナスフォート@お台場)

ビーナスフォートはただのDMC-12(ベース車)が展示されているだけでしたが、
背景や照明は雰囲気出ていて良い感じ。

151024e.jpg
(グランツリーモール@武蔵小杉)

一方、グランツリー武蔵小杉は、
いかにもモールの一角といった感じの展示会場でしたが、
映画のデロリアンが細部まで再現されていて、
ホバーボードまでありました。

151024f.jpg

最後は『川崎ハロウィン』と『ロッキーホラーショー』に、
プチ参加して帰路につきました。



Camper Tips 「あおりサイドテーブル」


軽トラキャンパーの利点のひとつがこのテーブル。
こーゆー合体ロボのようなギミックには心ひかれます。

151030a.jpg
(発案したMysticさんは素晴らしい!)

が、オプションで注文するとこれがけっこー高い。
ので、自作されている方も多いようです。
Mysticさんにも契約時に、
「ご自分で簡単に作れますよ」
と心広い言葉をかけて頂き、
予算に乏しいウチも早速マネすることにしました。

が、いくつかの失敗も……。

[失敗その1]
金具の取り付け位置のせいで、あおりの開閉時に干渉してしまう。
Mysticさんの取り付け位置を参考にしましょう。

151030b.jpg
(前の金具がこすれて、塗装が少し剥げてしまいました)


[失敗その2]
写真の天板(パンチ穴複合版というらしい)を見つけたのは良かったけど、
これを見本同様にあおりの幅に合わせて切った後に気付きました。

151030c.jpg
(こーするより)

151030d.jpg
(こーした方が使い勝手が良さそう)

要は車体とあおりの間に隙間ができるかどうか
だけの話なんですが、
このために天板を固定するのをやめました。

151030e.jpg
(すると今度は収納時に隙間が2cmほど余るのがもったいない)

このパンチ穴の開いている「複合版」という材料は、
アルミで(おそらく)プラッスチック樹脂を(おそらく)挟んだような素材です。

ウチの近くのホームセンター2箇所で売っていたくらいなので、
けっこーメジャーな入手しやすい建材だと思うのですが、
アルミを使っているだけあって、切断するのに苦労します。

なので、しばらくこのまま使ってみて、
気が向いたら、あと2cm幅の広い天板に改良しようと思います。