Bee Trip 「初じゃない日の出」


160103a.jpg

今日2016年1月3日、
千葉県銚子市は犬吠埼に、
初(じゃない)日の出を拝みに行ってきました。

16103e.gif
(銚子市ホームページより)

ここ犬吠埼は、日本一早い初日の出をPRしています。
経度としては北海道の納沙布岬がもっと東にありますが、
地軸の傾きにより、南海の離島や高山の山頂を除くと、
日本で一番早く朝日が昇るんだそうです。

が、今日は1月3日。
初日の出でもないし、日本一早くてもまったく意味がない。
新年早々、まったくウチらしい2016年の初遠征となりました。

160103b.jpg
(が、写真を撮るには良いロケーションです)

初でもないのに、美しい御来光に勝手に感動した後は、
利根川沿いの2つの道の駅で爆買いして帰路につきました。

16103c.jpg
(川の駅ってのも併設されて、大規模な道の駅さわら)

16103d.jpg
(発酵の里こうざきはレストランの名前がオリゼ)

昨年から急激に利用回数が増えるようになって、
まだ間もない初心者家族ですが、
今年も事故なく、色んな道の駅に行けますよーに。



Camper Tips 「脱着式リバーシブル棚」


MiniPopは荷物の収容能力の高い
軽キャンパーになると思うのですが、
すべて座席の下にしまってしまうことになるので、
ちょっとしたものを入れておきたい場合に困ります。

コンビニで買った物とか、ゴミ袋とか、
上着とか、水筒(タンブラー)とか、コップとか、
携帯の充電コードとか、犬のリードとか、
ティッシュとか、ウェットティッシュとか、
食べかけのお菓子とか、飲みかけのPETボトルとか…。

「さっ」と取り出して使いたいのに、
いちいち座席を上げ下げするのは面倒です。

ウチでは、納車時の帰り道にはもう、
ギャレーの上(キャビン内の唯一の置き場所)が
ガラクタで一杯になってしまいました。

せっかく格好良い(と僕は思っている)MiniPopなんだから、
室内だって綺麗に使いたい。
ということで棚を作ってみました。

16107a.jpg
(せいいっぱい可愛いグッズを並べてみましたが)

もちろん、こんな「見せる収納」で始終走れる訳がない!
(可愛い食器やグッズだってそんなに持ってる訳じゃない)
ということで、基本形は下の「隠す収納」になります。

16107b.jpg
(反転させると壁が前面に来るリバーシブル)

こうするとコンビニ袋やガラクタを、
脇から奥へと突っ込めるようになります。
こっちの方が圧倒的に使い勝手が良いです。

16107c.jpg
(でも一番便利なのは上部のトレイ状の部分)

PopUpした就寝時には、
こまごまとした小物を手軽に置くことができます。

16107 d
(この4つのマグネット部品によって脱着可能)

MiniPopはカーテンレール(カバー?)が突出しているので、
棚をその幅に合わせてつくると、まずそこで固定されます。
あとはこの4つのマグネットで支えると強度はカンペキ。
さらに写真の右下についている銀色のポッチは、

16107 e
(位置関係が分かりにくい写真になったかもしれませんが)

下の座席収納の扉を上げた時に固定するための、
ハトメ(スナップボタン)になります。
扉の内側から黒いバンドを伸ばして、
ポッチにはめると、扉を上げっ放しにできます。

ここの収納にはFFヒーターを積んでる方が多いようですが、
貧乏我が家には装備されていませんので、
写真の通り食材を入れるクーラーとして使っています。
Micaがしょっちゅう開け閉めすることになるので、
その時に両手が使えるとbetter。

棚を少し浮かせているのは、
この扉を開けるためと、
就寝時に足を伸ばせるようにするためです。
もちろん棚を外せば、ここの扉は全開します。



さて最後に、
(今回は長文になってしまいましたが)
軽キャンパーにとって脱着可能な棚というのは、
限られた室内空間を生かすための、
ひとつの選択肢となり得るのではないかと思います。

買い物や送り迎えで使うことも多い軽キャンパーです。
棚を使用しないデイリーユース時には、
車内を広くするために外して、
キャンプや車中泊グッズを入れたまま、
家の押入れなどにしまっておけます。

また一方、遠征時にそのまま積みこめば、
準備の手間も省けるし、
サイトに着けば、テント内に持ち込んだり、
あおりテーブルに載せることで(MiniPopの場合)、
キャンプ用の棚としても重宝します。

今回も僕がズサンに作った棚を、
Micaが綿密に修正しながら着色し、
写真のようなクオリティーに仕上げたのですが、
最初っからビルダーさんに作ってもらえれば、
もっと良い、プロの仕上がりになったことでしょう。

もっとしっかりと脱着する仕組みも作れると思いますし、
オプション装備としてニーズもあるのではないかと思います。


Camper Tips 「犬用の装備」


今回はちょっとしたDIYになります。

キャンパーユーザーの方には愛犬家の方も多いようです。
来週初参加となる660Camper’s新年会にも、
何匹かのWanちゃんが集まるようで楽しみです。

16111e.jpg
(シーズーとトイプーのMix、5歳♀)

我が家も愛犬「もぐ」のために、
3つの装備を施しましたのでご報告。

16111a.jpg
(エントリーナンバー1番 : リードフック)

これは秋口の房総半島遠征の際、
「道の駅ちくら潮風王国」で売っていたフックです。

ちょっとした時にリード(お散歩ヒモ)をひっかけます。
最初は下のあおりの辺りに付けようと思っていたのですが、
すると「もぐ」が遠くまで行きすぎちゃうので、
この位置が首吊りにもならずbest。

小さなネジ3つでも、かなり頑丈に取り付けられ、
図らずとも車が船のような雰囲気になりました。

16111b.jpg
(エントリーナンバー2番 : 小物入れ)

100円ショップで売っていた、
本来はCDやDVDを格納するケースです。
コンビニ袋(小)とフリスビーを入れています。

16111c.jpg
(格納場所はここ)

キャビンと後部あおりの隙間に、
超強力マグネットで内側から付着させています。

16111d.jpg
(エントリーナンバー3番 : 輪ゴムフック)

たまたまボディカラーとマッチしていますが、
またまた100円ショップからのエントリーです。

これは何のための装備かというと、
うん○を2番のコンビニ袋(小)で拾って、
車内がう○ち臭くなるのを防ぐために、
あおりの内側に○んちを吊り下げるためのものです。

愛犬とのキャンパーライフを快適にするための、
ちょっとした薀蓄でした。

Ocean Life 「クマノミの産卵VIDEO」


秋に始まったクマノミの産卵も、
今回で3回目を迎えました。

今回は日曜日に産卵したこともあって、
micaとhanaが頑張ってビデオで接写しました。
YouTubeにアップしてみようと思います。



初めてiPhone6のiMovieで編集してみましたが、
やっぱりMacのiMovieより操作しづらく、
やれることも少ない。
けどスマホだけでここまでやれるのはすごい!
し、チマチマ感がなんか面白かった。

Camper Tips 「海中散歩シリーズ」


今回は本当にしょーもないDIYの報告です。
(置いただけなのでDIYとすら言えないレベル)

海と魚好きな我が家は、
もちろん水族館にもよく行くのですが、
最近は、どこの水族館のお土産屋さんでも、
この「海中散歩シリーズ」を目にします。

160115a.png
(内藤デザイン研究所HPより)

特定の水族館では限定品などもあって、
ご当地キティちゃんのような様相なのですが、
我が家ではmicaが買いこんでは、
飾るあてもなく、タンスに転がってました。

そこでこのハイゼットのダッシュボード。
ふつーの車と比べると、棚が妙に横に長いんです。

160115b.jpg
(ダイハツHPより)

micaが水色のふわふわした敷物と、
サンゴ(これもシリーズで出ている)を買ってきて、
ヤンキー車のように飾りつけてみました。

160115c.jpg
(助手席サイド)

160115d.jpg
(運転席サイド)

最初はダッシュボードの上に、
並べてみようと思ったのですが、
それだとあまりにもヤンキーっぽくなったので、
ここに移しました。
それでもかなりのイタ車っぷりです。

明日からは初めてのOff会キャンプですが、
皆さん、敬遠しないでください。



Bee Trip 「660Camper’s新年会」


1月16と17日の土日、
静岡県は掛川市の「ならここの里」にて行われた、
「660Camper’s新年会」に参加させて頂きました。

その詳細なレポートは皆さんのblog、
「新年会キャンプ明けましておめでとう大会!」安曇野ベースさん
「660Camper’s新年会キャンプオフ会①」ゴン4さん
「660Camper's新年会キャンプin静岡」keiさん
にUPされてますので、是非ご覧下さい。

ウチではビデオにまとめてみたのですが、
その目的はキャンプの様子を紹介することよりも、
PunkRockのゴリ押しです!!

今回はビデオのBGMに、British Punkの王道、
「The Clash」というバンドの1979年の曲、
“Lost in the Supermarket”を持ってきました。

160116.jpg
(billboard誌より。カッコ良い!!)

Punkとしてはちょっと変化球な曲で、
皆さんの持つPunkのイメージよりも、
静かな曲に聞こえると思います。
が、その中に痛烈な叫びもあって激しかったり、
鋭かったり、優しかったり、せつなかったり……、
DryでCoolにも聴こえるし、
Wetでセンチメンタルにも聴こえるし、
シンプルだけど、深みがあり、
渋いけど、可愛らしく、
ダサいけど、オシャレで、
その時の気分で気分で様々に表情を変える、
不思議な曲だと(僕は)思ってます。
安曇野ベースさんっ、是非お聴き(ご覧)ください。



なお、顔出しNG、ナンバープレート出しNG
の方もいらっしゃると思いますので、
できるだけ映らないように撮影&編集しましたが、
ご覧になって不都合があれば、お申し付けください。
編集しなおします。