「さよなら柏そごう」


ニュースなどでも少し取り上げられましたが、
長年、僕の地元の消費と文化を支えてきた
「柏そごう」が9月で閉店するというので、
最後の思い出づくりに行ってきました。

160810a.jpg
(1974年創業だそうです)

目指すはてっぺん!
14階のくるくる廻るレストラン。
その名も「スカイラウンジ」です!

160810b.jpg
(中はホテルオークラの中華料理)

むか〜し、物心のつかない頃に行った記憶がありますが、
その頃は洋食のレストランでパフェを食べたよーな記憶が…

160810 c
(遠くにKeiさんもゆかりある手賀沼が見えます)

すごーくゆっくりと回転しているので、
みんなでランチを食べる間に1周半ぐらい、
柏の風景を見渡せます。

160810d.jpg
(柏市民はお馴染みのペデトリアンデッキ)

HPではランチコースでも3900円とかで載っているので、
すげー高そうでビビりましたが、
実際は一人2000円前後でデザートまで食べられました。



Fishing Report 「釣れない釣り」

釣れない〜! BlackBass!!
朝3:30に起きて、夜7:00まで。
途中ちょっとお昼寝したけど、
新利根川、破竹川、備前川、花室川。
ランガンしまくって釣果ゼロ。

mikaとhanaにかかったけど、
共にラインブレイクで終了。

160818a.jpg
(報告する釣果もないんで写真も1枚しか載せません)


OCEAN LIFE 「伊豆七島攻略(式根島編)」


今年も親戚一同で、毎夏1島ずつ制覇していく
「伊豆七島攻略強化合宿(名前てきとー)」
に行ってきました。

160812a.jpg
(4番目の島は式根島です)

MorixとMicaは結婚前に一度来たことがあるのですが、
その時はMicaの好きだったバンド「UNICORN」の解散が発表されました。
そして20年以上経った今回は「SMAP」解散の発表と重なりました。
特に家族の誰もファンではないけれど、なんだか解散の島です。

160812b.jpg
(複雑な海岸線が入江を作る、ビーチの宝庫のような島)

今回も主たる目的はスキンダイブ!!
観光ポスターやHPにも美しいビーチがたくさん!!
これは期待が高まる!!!

160812c.jpg
(マスククリアとスノーケルクリアの講習会を開いて挑みます)

が、今年は本州でも豆チョウが少ないと、
採集家の皆さんが嘆かれている通り、
見かけたのはハタタテダイ一匹だけでした。
せっかく、ここまで来たのに!

160812d.jpg
(そして旅はいつの間にか温泉メインに…)

式根島はあちこちで温泉が湧き出てるのですが、
基本海水でしょっぱいし、熱すぎたり、ぬる過ぎたり…。
それでも20年前と比べるとだいぶ整備されていました。

が、いちばん困ったのは食事。
予約が遅れて、素泊まりの宿しかとれなかったのですが、
お盆のこの時期は小さな島に、観光客がいっぱい!

数少ない飲食店から見事にあぶれてしまい、
お弁当屋さんの「みやとら」に頼り切りでした。

160812e.jpg
(「みやとら」名物の「たたき丸」くさや味!)

「くさや」は流石にすんげぇ臭いですが、
他に「ハムチーズ」「あしたば」などのまともな味もあります。

見た目は単なる薩摩揚げっぽいですが、
中はなんとごはん!!
おむすびを練り物でくるんで揚げてるんです。
すんごい手間がかかってるだけに美味い!!
おススメです。




OCEAN LIFE 「伊豆諸島攻略(新島編)」

この日は、式根島から新島に渡りました。
左後方に停泊している小さな船、連絡船『にしき』で
海風をボーボーに浴びながらあっという間…
7分で新島に到着でーす。
160813a.jpg
島の中ほどの民宿から、レンタル自転車で、
間々下海水浴場へ。
160813b.jpg
海に浮かんだり、砂浜で貝を拾ったり、
砂山を作りまくったり、それぞれのんびり過ごしました。
網を振り回さずにはいられない、わたしとMorixは、
小さな防波堤まわりでちょこっとシュノーケルを。
160813c.jpg
残念ながら珍しいお魚には出会えませんでいたが
ナミチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、
ミヤコウミウシ、名前わからないウミウシ、
ハコフグ、赤イカ…
採れました。
160813f.jpg
このパルテノン神殿みたいな謎の建物は、
『湯の浜天然温泉』です。
海に飛び出た切り立った岬にそびえ立っていて、
絶景です。
160813e.jpg
24時間営業で、なんと無料!なんと混浴!(水着着用必須)
そのあと、間々下温泉に移動して(こちらは男女別のスパ)、
最後に『新島ガラスアートセンター』に行きました。
世界で2カ所しか採れない、ガラス質のコーガ石を原料とした
オリーブグリーン色のガラス工芸が特産だそうで
160813d.jpg
工房で説明を聞き、吹きガラスを作るところを
見せていただきました。
時間があるから行ってみようか…って感じで
ふらっと寄ったんですが、面白かったー。
将来、あめ細工職人になりたいらしいhanaは、
吹きガラスがあめ細工と似ている!と感じたらしく、
夏休みの宿題だった、夏の思い出の作文で
『新島ガラス』だけを熱く熱く語っていました。

そんなこんなで、
今年の森家親戚一同珍道中おしまい。
来年は(できたらBeeで)神津島でーす。