Fishing Report 1 「スピナベで初鯉」


*ウチのミニポップはまだ仕上がっていません。
 ( 4月契約 - 9月納車の予定 )

下手の横好きで、学生時代からずーっと続けているのが、
ルアー釣り、ブラックバス・フィッシング。
(キャンプも学生時代から続けているけど)

tucklbox.jpg
最近新調したタックルBOX(ルアーの箱)

長年続けていながらも、
こんなオモチャのような疑似餌を動かしたって、
「釣れるわきゃーない」と毎回思ってしまうほど、
なかなか釣れないのがブラックバス。
(単にヘタだからってのもあるけど)

しかし今回はさらにさらに、
ルアーでは釣れにくいコイをGetしたのでご報告。

carp2.jpg

場所は近年通い始めた茨城県の鬼怒川。
現場に到着するとすぐに、
「金色の魚がいる!」とmicaが騒ぐ。
写真で右から突き出している岬の先端です。

Kriver.jpg
鬼怒川の最下流、利根川との合流点あたりです

一瞬アマゾン系の魚かとも思ったが、
良く見てみると、どーやら錦鯉。
コイは雑食ではあっても、小魚を食べることはまずない。
イコール魚型のルアーでは釣れない。
そこで虫型のリトルスパイダーをチョイス。

micaがあれやこれやと、
小一時間ほどちょっかい出しても、口を使おうとしない。
ルアーを鼻先に落としても、後ろに落として横を通しても、
まったくダメ。無反応。

spinnerbait.jpg
スピナーベイトというルアー(通称スピナベ)

そこでふと思いつき「ちょうちん釣り」に挑戦しました。
ふつーにルアーを水中に泳がすのではなく、
岬の先端の草むらにバシッとスピナベをぶち当て、
ラインを葉っぱに絡ませた後、
スーッと緩ませ、水面をちょんっ、ちょんっ、、、

すると、バクーッ!!
micaが1時間粘っても無反応だったコイが、
急に水面から口を出し、ルアーをひったくりました。
コイは陸から降りて来た蛙やバッタを食べることがあるのです。

carp1.jpg
過去最大魚かも

なんのアクションもなくヌボーッと上がって来たコイは103cm。
目が赤かったので、錦鯉ではなく、アルビノでした。
リリースした後にふと思ったんだけど、
売ったら高値がついたかも。






関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する