FishingReport「ブラックバス釣り」

昨日の「図らずともザリガニ釣り」のリベンジをかけて、
今日こそは本っ当ーの「ブラックバス釣り」にでっ発です!!

170814a.jpg
(こんどは筑波山を眺めながら通い慣れた霞ヶ浦方面へ)

170814b.jpg
(格好悪いキャスティング姿ですが…)

↑ここ、ここ!
この夏の夕暮れが僕のバス釣りの原風景!!

170814c.jpg
(じゃーん!! 結果出しましたよ!!)

170814d.jpg
(久っさしぶりーの40up!!)

40cmUPが久しぶりどころか、バス自体2〜3年ぶりかも。
原因は、ここんとこ軽キャンにハマって、
釣行自体が減ってたせいってのもあるけど、

それよりイキがってハードプラグばっかり投げてて、
ワームでじっくりやらなかったから…ってことにしておきたい。

170814e.jpg
(と、ここでちょっとブラックバス釣りの解説を)

上、ダイワの「ピーナッツ」という80年代のルアー
中、OSPの「BLITZ」という最新式のルアー
下、Berkleyの「Power Hawg」というワーム

人によって得意な釣り方、好みの釣り方があるのですが、
ここ数年僕がこだわっていたのは、
上のピーナッツのような、チープで懐かしいルアーで釣ること。

もちろん中段のBLITZのような最新テクノロジーと
リアルなカラーリングのルアーの方が釣れるし、

下段のような柔らかくナチュラルにアクションする
ワームでじっくり攻めた方が釣れるのです。

…って、言い訳にしかなりませんが、
今回は久しぶりにワームでじっくりやってみたのです。
その結果…

170814f.jpg
(じゃーん!!!!! なんとmicaにもこの釣果が!!!!!!!!!!)

僕が釣れたんで、micaにも同じ「Power Hawg」をつけた所、
「わー!」「きゃー!!」「何この魚ーっ!?」
「こわい、こわい、こわいーっ!」と叫んで釣り上げました。

170814g.jpg
(2匹とも44cmといったところかな?)

でも、同じバスじゃありませんよ。
僕の方がわずかに大きかったもん!!

一方、その後の僕は本来の目的に立ち戻り、
「ピーナッツ」をキャストしまくってたんですが、
最後になってピーナッツの方にも待望のHitが!!

170814h.jpg
(と喜んだのも束の間、連れてきたのはナマズ)

チャネル・キャット・フィッシュという、
数年前から霞で増えているアメリカ産のナマズでした。

「ピーナッツ」で釣るという課題はまだまだ続きそうです。
(これだからバス釣りはやめられない)







関連記事
コメント

すんばらしい!

夫婦そろって40UPとは!持ってますねえ~
釣り女神のhanaちゅあんと良い、MORIXファミリー素敵です。バス釣りって色んなアプローチの仕方があって、トーナメント志向の人、Dr柏木さんみたいにトップしかやんね~!とか。私なんぞは面倒なフライで拘ってますし・・MORIXさんの【チープで懐かしいルアーで釣ること】ってのも共感MAXですね~ そんな感じで余裕をもって楽しめるのもバスフィッシングの良いとこですよね! (ジロリーナさんから画像届きましたので追加掲載しました)

>Keiさん

書き込みありがとうございます!
一昨年(2015年)にこのblogを始めたものの、
昨年はhanaしか釣れてなかったんで、
一昨年の鯉1mとバス30cm以来の釣果となりました。
(Keiさんにまともな報告ができずに焦ってました)

KeiさんのようにフライロッドでBassも渋くて憧れますが、
歳をとってお金と気持ちに余裕が出たら、
ジョンボートやカヌーでTOPオンリーしたいですね。
それまではCheap路線を突っ走ります!!

今はまだボウズだと、すっごいがっかりして帰ってくるんで、
心の精神修養なんてまるで出来ておらず、
釣り場でもあせあせ、あせあせしています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する