Mini Pop Bee 購入記 9 「納車!!」

9/9に完成との連絡のあったMiniPopBeeを、
早速次の土曜日となる9/12に取りに行きました。
双葉店で引き取りの方もいらっしゃるみたいですが、
ウチは本社工場となり、おかげで、
制作途中のキャビンを見れたり、
ビルダーの皆さんとお会いすることも出来ました。

150912a.jpg
(新旧ツーショット)

へぼちゃんは工場の皆さんに好評を頂きましたが、
これで廃車、さよならです。

さて、走行インプレッションになりますが、
1. (へぼちゃんより)音が静か!
2. (へぼちゃんより)速い!
3. (へぼちゃんより)坂道のぼる!
4. (へぼちゃんより)でかい!
5. (へぼちゃんより)サイドとバック見にくい!
といったところですかね。
一般の方にはまったく参考になりませんが、
ドライバーとしては大満足です。

帰りはゆっくりと下の道を通って、
河口湖大橋を渡り、「ふじやま温泉」につかり、
道の駅「富士吉田」で寝て、帰って来ました。
無謀にも初めての車中泊です。

150912b.jpg
(温泉としてはふつーだけど、太い柱と梁の建物は立派!)

それでは、就寝インプレッションを。
1. (ウチのL.L.Bean4人用テントより)設営がラク!
1. (ウチのL.L.Bean4人用テントより)広い!
3. (コールマンのマットレスより)ふかふか!
4. (IWATANIのガスランタンより)室内が明るい!
5. (キャンプ場に泊まるより)安い! タダだから。
テントではよく寝れないのがデフォルトのキャンプから一変、
家と変わらない寝心地、家族も大満足。
購入を検討中のキャンプ好きな方にはダンゼンお勧めです。

道の駅に泊まるのも、キャンプ場より楽しいかも。
「富士吉田」は、大型で有名な道の駅だけあって、
ドッグ・ランもあるし、mont-bellの専門店もあるし、
レストランもあり、出店もあり、ショップも充実。
翌朝は地元の野菜を大量に買い込んでしまいました。

150912c.png
(道の駅とは思えない充実ぶり)

ただ…、
名水富士の湧き水まで汲み放題なのは良いのですが、
深夜になっても十数個のポリタンク積んで来る人がいたり、
早朝からバイクの集団が出入りしたりの弊害もありました。
大きくてメジャーな道の駅は、
いろんなキャンピングカーが見れて楽しいのですが、
どうしてもうるさくなってしまうのは、善し悪しですね。

150912d.jpg
(いちおー内装はこんな感じです)


関連記事
コメント

お礼

山中湖のキャンプ場駐車場でお声がけさせていただいたものです。
※足回りについて伺いました・・・

車内までじっくりみさせていただき、ありがとうございました。

ちょうどキャンピングカーに興味を持ち始めたところだったので
大変刺激をいただきました。

「トンカチワークス」というブログをやっております。
覗きに来てください!
http://www.tonkachiworks.com

またどこかでお会いした折は、
お話聞かせてください〜。

>やすべえさん

「購入記」に書いた通り、僕は外見からMiniPopに入ったクチですが、半年使ってみてからの(まだblogには書いてない)使用感をまとめると、

【メリット】
他の軽キャンパーと比べると、座席下に荷物がたくさん積めて、全面が垂直にPopUpする空間の広さは随一(キャンプ時はそれでも荷物でいっぱいになります)。「INDY」や「テントむし」のようなダイネットレイアウトだと、荷物があまり置けないのと、ベッドにする手間が一苦労になりそうです(ウチでもベッドのまま使うことも多いくらいなので)。ひとまわり大きいはずの「ラ・クーン」からMiniPopに買い換えられた方もいるくらい、実際に使用すると、レイアウトによる差は大きいんだと思います。また、些細なようで結構重要なことに、座席をベッドに展開するタイプだと、就寝時のマットが硬いのではないかと思います。MiniPopのマットは、下は10cm以上の厚さで超ふかふか(上は厚さ5cmなのでそれなり。低反発マットに交換しようかと思案中)。そんなDIYのやりやすさもMiniPopの魅力ですね。
【デメリット】
それでも、軽キャンパーは狭い! 「おままごと感」は拭えません。それをウチみたいに「秘密の部屋」感覚で楽しめない場合は、大型のキャブコンやトレーラーを考えた方が良いかと。でもバンコンよりは、室内で185cmの僕でも立てる分マシでしょう(荷台に乗っている都合上、PopDown時の天井は他の軽キャンより低くなりますが)。反面、PopUpは道の駅などで車中泊する場合、周囲に「いかにも泊まっている感」がバレてしまいます。ウチはそれをアピールしてる位なのでぜんぜん気にしていませんが、「かるキャン」みたいに横にも展開するのはさすがにムリですね。あと、扉が後ろにあるのも乗り降りする場所によって、良い時と悪い時があります。サイクル・キャリアは付けられません。

ま、何を選択する時にも一長一短は必ずつきものでしょうから、ウチみたいに「ルックスで選んだ!」みたいな「思い入れ」が一番大切になるんでしょうね。とりあえず、7月の東京キャンピングカーショーなどに行かれるのも良いかと思いますが、山梨のMysticさんに直行するのもありかと思います(ウチはその勢いで買いました)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する