Camper Tips 「外部電源」


前回に引き続いて、電気関係のDIYです。

161001f.jpg
(今度は右側の写真のように電源を外に引き出す計画)

が…キャビンに穴を開ける技術&勇気は依然としてないので、
インバーターに差したコンセントから、
コードを車外に伸ばすだけの簡単な作業になります。

161007a.jpg
(2口あるコンセントの上の方から伸ばします)

今回も初代MiniPopBeeにお乗りの大先輩、
ゴン4さんから教えてもらった裏技を使います。

Beeの場合、トラック本体とキャビンの接合部、
灰色のビロードのような素材を止めるビスを外すと、
コードを外に出すための隙間をつくれるのです。

161007b.jpg
(助手席を倒した後ろ側)

分かりにくい写真ですが、
銀色のテープを少しめくった隙間です。

ここからコードをそっと外に出して、
また金属テープをふさぎます。

161007c.jpg
(外に出したコンセントはここに固定)

防水、防塵の3口コンセントです。
これでキャンプの時には、
カセットガスのランタンの代わりに、
LEDライトが使えるようになります。

軽キャンパーは省スペース、
荷物を減らすのに必死なのです。

161007d.jpg
(あおりを閉じるとこんな感じ)



※家庭で50V以上の固定配線を施行する場合、第二種電気工事士の資格が必要となるそーです。キャンピングカーの場合は自家用電気工作物にあたらず、この限りではないそーですが、よく勉強した上で専門家に相談した方がよいでしょう。高電圧・短絡保護回路付きのインバーターを選ぶのもお勧めです。
<追記>

161014a.jpg

取り付けはこのよーに、
アルミの板を適度な大きさに切って、
無理やりキャビン脇下に挟み込みました。

コンセントはPanasonicの15Aです。
他社のコンセントなら、
トラック車体とキャビンの隙間(約2cm)に
放り込める製品もあったのですが、
防水・防塵仕様を優先してこーなりました。




関連記事
コメント

パチパチ(拍手)

よく出来ましたね!すごい、すごい。

続き

オレなんかが高校の頃、電気工事屋さんでバイトしてた時、よく言われた…「出来上がりがキレイならソレで良いんだ」って。
すいません。ムダに2コメントしてしまいました。
お風呂が沸いたもんで。入ってきました。

>安曇野ベースさん

お褒めの言葉ありがとうございます。
残る心配は安全性です。
いちおー普段はインバーターを切ってますから、
通電していませんし、
低電圧/高電圧/出力過負荷/短絡/高温/逆接
の保護回路もついてるのでだいしょーぶかなと思うのですが。
またアドバイスください!
それじゃお風呂が沸いたので入ってきます。

自分も

これ、やろうと思ってたんですよ~
ただ、不器用・単細胞な私は、サブバッテリー室の通気口(下から2番目の画像のフィン型通気口)から引っ張り出そうかな?と考えておりました。MORIXさんの真似してみようかなあ~

>Keiさん

ウチが伊東マリンタウンでお会いしたSさんは、
通気口からコードを出されていました。

ゴン4さんからこのやり方を教えて頂いてから、
僕もやる前は躊躇していたのですが、
実際にやってみると、
「灰色のビロードのような素材を止めるビス」を、
3箇所はずすだけで、写真のような隙間を作れました。
キャリィbeeとハイゼットbeeでは繋ぎ方が少し異なりますが、
きっと1時間もしない作業で済みますよ。

>>続きを読む
に詳細を追加しましたので、
よかったらご参照ください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する